スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ノーテンキな鳥越クン

 十二月十日のテレ朝「スーパーモーニング」は、北澤防衛相のグアム視察を受け、基地問題を取り上げた。

 鳥越俊太郎氏「鳩山首相は年内解決など考えていない。日米合意、三党連立、沖縄県民の民意を合わせ、細い一本の道を捜している。実は米軍はグアム移転の準備を着々と進めている。一度合意したという既得権で辺野古建設を主張しているだけだ。政権交代したのだから、日米同盟のあり方も変わってくる。だからこうした問題が起きている」

 東ちづる氏「核廃絶宣言でノーベル平和賞を受けたオバマ大統領と、友愛の鳩山首相で、対等な日米関係が構築されるチャンスだ」

 やくみつる氏「外交の継続性にこだわるあまり、元の黙阿弥に戻ってはならない」

 鳥越氏は相変わらずノーテンキだ。

 同じ番組でも、氏のいない翌十一日の放送では、大谷昭宏氏が「県外・国外移転を言うなら具体的地名を出せ」と叫んでいる。鳥越氏の鳩山首相への溺愛ぶりは、もはや病気だ。

(文責・岩間)
.30 2010 マスコミ短信 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。