スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

民主ヨイショの報道ステーション

六月十一日のテレ朝「報道ステーション」は、菅直人・新首相の所信表明演説を論評した。

 鳥越俊太郎氏「谷垣総裁は『官僚の作文』、山口代表は『総花的』と酷評しているが、私の見解は違う。官僚には書けない部分が随所に出てきた。たとえばサラリーマン家庭に生まれ、市民運動から出発して三回落選したという経歴紹介は、歴代首相とは違った印象だ。高度成長時代は今日より明日、明日より明後日の方が良くなると信じてきた。いまは明日の生活に不安を感じる時代だ。菅さんには、明日に希望が持てる日本を創ってほしい。そういうリーダーシップを発揮して欲しい」

 古舘伊知郎氏「何度も失敗してきた経験を生かして欲しい。最近の総理は『言いっぱなし』のところがあった。あとは実行力だ。消費税論議に抵抗感のある人もいる。今後どうなるか」

 テレ朝が民主党応援団であることを差し引いても、演説をヨイショしまくりの姿勢は、もはや報道番組としての責任放棄である。

(文責・岩間直樹)
.27 2010 マスコミ短信 comment1 trackback0
 HOME 

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。