スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ルーピーと同レベルの人々

 六月二日のテレ朝「スーパーモーニング」は、放送中に飛び込んだ、鳩山首相退陣演説をコメントした。

 赤江珠緒キャスター「大変見事で力のある演説だった。悲痛な思いが込められていた。心の奥底から出てくる言葉は、伝わるものだ」

 テレ朝・三反園訓氏「首相は『総理は孤独だ』『最後は自分で判断したい』といつも言っていた。小沢さんとタイミングを図っていたと思う。芸術的な終わり方だった」

 鳥越俊太郎氏「一世一代の名演説だったと思う。政権交代で何が起きたのかを述べ、『普天間』『政治とカネ』の問題に触れ、小沢幹事長にも辞任を迫ったこと。実際には首相から幹事長に声をかけていた。僕は逆だと思っていた。『自分を殺して全体を生かす』という形で、まさに芸術的だ。有権者もすんなり受け入れられたのではないか。単なる選挙対策ではなく、非を認め、身を引くことで諸問題を前進させようとする気持ちだ」

 鳩山氏はこの日の議員総会での代表解任動議や、参院での問責決議を恐れて「早逃げ」をしたに過ぎない。それをヨイショしまくる番組には、呆れるばかりだ。

(文責・岩間直樹)
スポンサーサイト
.30 2010 マスコミ短信 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。