スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「国民の遺書」をもっと広めようではありませんか   

緊急提言を致したいと存じます。

現在、靖國神社が全面協力した、「国民の遺書『泣かずにほめて下さい』靖國のの言乃葉100選」小林よしのり責任編集(産経新聞出版)がベストセラーになっております。

これは英霊の遺書を小林よしのり氏が100書選んだセレクト集になります。

靖國神社では、以前から「英霊の言乃葉」として頒布しておりましたが、一般には広く流布しておりませんでした。

それが、今回、一般図書となって、大ベストセラーになっております。

大ベストセラーになっているのは喜ばしいことではありますが、そもそもこの英霊のご遺書は、まさに国民必読の書と云っても過言ではありません。

さらに、この本の印税の七割が靖國神社に奉納され、貴重な現金収入となります。

どうか、この「国民の遺書」をもっと広めようではありませんか。


具体的な活動としては以下のようなものがあります。

1)図書館にリクエストしよう!

お住まいの自治体(市区町村)の図書館に是非、この「国民の遺書」をリクエストして下さい。
そうすれば、普通は、図書館がこの「国民の遺書」を購入してくれます。
更に、図書館を利用する方々にも手にとって貰うことが出来、一石二鳥の結果となります。
なお、勤務先の在る、自治体(市区町村)でも図書館を利用することが出来ます。
つまり、お住まいと勤務先の二つの自治体(市区町村)の図書館でリクエストすることが出来るのです。
(お住まいと勤務先が同一の自治体の場合は一つですが)
リクエストのやり方は図書館ごと違うかもしれませんが、だいたいに於いて、まず、図書館利用カードを作成し、その後、リクエストの用紙に書名(この場合「国民の遺書」)を明記して申し込むと出来ます。

また、学生の方は、各学校の図書館で、「国民の遺書」をリクエストして下さい。

ちなみに、図書館に本をリクエストする”戦術”は左翼が既に多用しているものでもあります。
是非とも、図書館に「国民の遺書」をリクエストして下さい。


2)購入の際にはアマゾンを利用しよう!

もし、「国民の遺書」を購入される場合は、アマゾンを利用しましょう。
現在、アマゾンにて「国民の遺書」は比較的高い順位になっております。
これがまた、一種の”話題の本”ということにもなり、ネット上で知られるきっかけにもなっています。
アマゾンは便利でもありますし、是非、アマゾンを多用することによって「国民の遺書」の認知度を上げていきましょう。
さらに余力の有る方は、アマゾンのブックレビューを記載してもらい、さらに「国民の遺書」の認知度を上げて下さい。

「国民の遺書」は素晴らしい本です。
小林よしのり氏が責任編集しているからか解りませんが、チャンネル桜では取り上げていません。
これはおかしなことです。

 どうか、皆様、「国民の遺書」を広く広めて下さいますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。
          
                                          白井裕一




スポンサーサイト
.22 2010 百人の会 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。