スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

NHK番組「862兆円 借金はこうして膨らんだ」



NHK番組「862兆円 借金はこうして膨らんだ」

標題の番組が、今日、深夜(30日午前、0:15-1:00)

再放送されます。

日本が借金大国であることは言葉としてはよく知られてい

ると思うが、その内容や因縁まで知り考えることは少ない。



「日本の借金カウンター」と云うサイトがあります。

http://club.pep.ne.jp/~nonoyama/ShakinCounter/ShakinCounter.htm

財部誠一氏の「日本の借金時計」と云うのもあります。

http://www.takarabe-hrj.co.jp/clockabout.html

毎日、12百億円も増加しつつあるこの債務について、夜も

眠れずどころか、バラマいて、票稼ぎに執心の政治ばかりが

罷り通っています。

円高で大騒ぎだが、実はこれで日本が破産するわけではない

し、円高を利した戦略さえ成り立つ。しかし国民金融資産(

生命保険金をも含む)の範囲内だとか、最終債権者が日本人

だとかの気休めが言われるが、このままでは2-3年のちに

債務残高が資産額をを超えるのは明白です。

そのときは一気に円安、株安となり、現在価値数十兆円のマ

ネー(例えば元やウォン)で一部上場会社の大半が買われて

しまうのです。

世間の多くは国家財政破綻の可能性を考えていないように見

えるので、この番組をお知らせします。

番組は、巨大債務の経過を、米国の圧力などを混ぜて結局政

治(つまり自民党政権)のせいにする筋立てです。番組の狂

言回しが政治のせいにして義憤して見せるが、要はミンイの

為せる業なりを語らなかった(服装もお粗末)。

国の存在を他国に依存する安上がりで来た戦後日本の財政支

出増大を分析すること無く、福祉のあり方を考え直す契機

には全くなっていない。筆者は“社会保障”の見直しを避け

て通れないと考えているが、左傾・媚中のNHKに出来ること

ではない。

空想的社会主義教の本山で、戦後我が国に刷り込まれた“揺

り篭から墓場まで”社会保障理想郷とされた英国が、今回、

大学授業料値上げ、子供手当減額に踏み切ろうとしているこ

となど全く世間の殆どは知らない。約200年の植民地搾取に

よって築いた富が英国社会福祉の背景にあったことに思い及

なかったのは、戦後日本の痛恨事の1つです(流石、英の分

家にはまだ気概が残り、国営健康保険に異議が出ている。福

祉は本来政治でなく、人道や宗教の次元ではないか。政治は

生活保護まで)。

まずは福沢諭吉の独立自尊に還る(中村正直の「西国立志篇」、

元はSmilesの「Self-Help(自助)」)ことでしょうが、ミンイ

制政治のもと、その可能性有りや。暗い気持ちになる。

ただ日本を、崩壊させたり、薬籠中にしたい他国の戦略に世

人(国民は今や絶滅危惧種)が気付くことを願うのみ。

                     (了)

追伸 福沢諭吉の精神とは対極の学者が慶応大学に巣食って

久しい。塾OBは如何に考えているのでしょうか。

地方交付税で償還が約された自治体借金(数十兆円?)は地

方自治の無責任を招いている(たぶん862兆の外側の国の隠

れ債務)。地方主権とはこれを自主負担する救国の気概か、

それとも寝言・詐言か。
.29 2010 会員の投稿 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。