スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ホームレス支援者の背後に国際組織の影が・・・

4月16日のジャパンタイムズに、マツタニ・ミノル記者の取材したHomeless fighting park renovation(ホームレス、公園改築と闘う)との大型記事が掲載された。

渋谷区はスポーツ用品メーカーのナイキと共同で区内の宮下公園を改築する計画のようだ。既にあるコートをフットサル・ロッククライミング・スケート用の斜面などに換え、ナイキパークとするというものだ。

宮下公園には30人ほどのホームレスが「住んで」いたが、渋谷区はすでに強制排除している。

これに対し、ホームレスの支援組織が動き出した。彼らは公園内にテントを張り「ナイキパーク反対」などの幟を立てている。この支援団体の背後には、アンチ貧困を標榜する草の根社会運動の国際組織No-Voxがあるようだ。

同記事では一応、渋谷区やナイキパークに賛成する地域住民の声も載せてはいるが、問題は同記事の副題である・・・
Protesters fear Nike deal leaves them in cold(反対派は、ナイキとの取引でホームレスが寒さの中に放り出されるのではないかと心配している)とある。

JTは、これまでにもホームレス側に立った記事を掲載している。

最近では2008年10月4日の記事Park dweller loses address case(公園居住者、住所事件で敗訴)がある。大阪市内の公園に「住む」ホームレスの男が「住所は公園」とした転居届けを不受理した区長に対し処分の取り消しを求めた訴訟で敗訴したというものだ。

この場合も、このホームレスは最高裁にまで上告している。

今回の宮下公園の場合もそうだが、背後には国際組織No-Voxがあるようだ。「声なき者」「もたざる者」のための組織だというが・・・
.15 2010 英字紙から comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoronhonbu.blog48.fc2.com/tb.php/100-0f01c65b

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。