スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

どうかしていませんか鳥越クン

最近「任命責任」という言葉をテレビで言わなくなった。代わりに、「マスコミも政府のあげ足とりをやめたらどうか」とか、「まだ、政権も代わって、少ししか経っていないから、長い目で見てあげれば」云々、コメンテーターと言われる人の言葉も変われば変わるものである。

 自民党政権時代なら、一寸したことで、どれだけ朝から晩まで、なじったことだろうか。

 いま、任命責任ということになれば、大臣の首は、何人吹っ飛ぶだろう。

 先日も、テレ朝の朝のワイドショーを見ていたら、鳥越氏が、抑止力について、鳩山総理の意見が変わったのは誰かの入れ知恵にちがいない、犯人は誰だと息巻いていた。

 一国の長が、コロコロ意見を変えること自体がおかしいし、国家観の無い事をなじるのならまだしも、誰が総理の意見を変えさせたかを怒っていることに、非常に違和感を抱く。

 いくら、自民党嫌いでも、少しは自分が何を喋っているのか考えるべきだろう。

 数えあげればきりがないが、前総理の事を「バーカ」と言ったり、下手な英語を喋りたいから、サミットに行きたがるとか、的外れな事を言っても反省がない。70歳近くになって過ごしてきたこれまでの自分を振り返ることはないのだろうか。

 思いだすのは、昭和天皇崩御の折、NHKの解説者が、陛下との思い出を語っているのを見たことがある。その中で、「御目にかかった折、時には、マスコミは、嘘を言う時があります、と申し上げたら、陛下はじっと、お聞きになって何も言われなかった」と言っていた。どのような嘘を言ったのかは言わなかったが、本人もその嘘が長い間、心の中に有って陛下の御前で、恥ずかしさの為に言わずにいられなかったのだろう。テレビで告白することで罪が許されたとは思えないが、鳥越氏よりはましかもしれない。

 朝のワイドショウ―に、鳥越氏のようなおバカな人をコメンテーターとして、毎朝出演させているテレビデレクターの任命責任を問いたいところだ。 (さくら草)
.23 2010 マスコミ短信 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoronhonbu.blog48.fc2.com/tb.php/108-62796c56

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。