スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

菅総理の正体は?

マスコミ各社が発表した菅新内閣発足後の支持率は、鳩山内閣末期の19%から60%台へと急激なV字回復を示すものであった。参院選比例代表の投票先も民主党は前回から倍の30%台に上昇したという。

 民主党贔屓の世論調査であるからその数値は信頼に値しないとしても、表紙が替っただけでこれほどまでに支持率が回復するというのは、今の日本に民主党の実像が見えていない人が如何に多いかということを示している。 マスコミは街の声と称して菅総理の印象を「クリーン」「庶民代表」「苦労人」という肯定的な表現で喧伝している。

 であればこちらは一切の私情を交えず、冷静かつ客観的に菅直人の正体を分析してみる。


『政治活動の原点』

 菅はこれまでの経歴からして政治のいろはに始まる内政の各分野、外交、国家安全保障について、まともな研鑚を積んできたわけではない。

 彼は常々「私の政治活動の原点は市川房枝先生」と公言している。市川女史はわが国草分けの女性運動家であり、大正末から昭和の戦後を通じて婦人参政権付与や女性の地位向上に大いに貢献された人である。菅は市川女史の選挙事務局長を務めたことを誇りにしているようであるが、菅が市川女史の選挙を応援したとき市川女史は落選中ではあったが既に参院議員三期(18年)の実績があり、都市部では知名度も高かった。昭和49年の復活当選はけっして菅の能力、手腕によるものではなかった。

 当時彼は、後年の政界入りに燃えていた。市川女史を政界入りの踏み台にしたのである。彼は市川女史に私淑したかのようにいうがそうではない。もし我望さえ満たせるのなら他の誰であってもよかった。このあたりは有吉佐和子がその著書で述懐している。

 また彼は政治理念の原点として松下圭一氏の「市民自治」の思想をあげる。ここにも菅の国のリーダーたるの視点や国家観というものが見えてこない。彼には明確な政治理念もなければ国家観もない。

『乏しい自己統制力』

 リーダーに不可欠な資質(能力)には自己統制力(self-control)がある。

 菅は「イラ菅」と呼ばれるように己の感情をコントロールする能力が著しく欠如している。
 先の国会でも己に都合の悪い質問には眉間に縦シワ、こめかみに青スジでイライラと答弁する場面が頻繁にみられた。質問者は冷静なのに菅だけが沸騰して、その答弁は論理のすり替え、開き直り、わめき散らしに終始した。

 感情の赴くままに政治を動かすようではとても国家のリーダーと言えまい。

 今回の政権交代を評して「ルーピーからスリーピーへ」というようである。 

 ルーピーは鳩山前首相を指してのことであるが、スリーピーは国会審議で殆んどいつも居眠りをしている菅のことである。国会での態度に留まらず、昨年の天皇陛下在位二十周年の式典では、実行副委員長であるはずの菅は陛下御臨席の前でコックリコックリ居眠りをしていたという。四月二十一日、衆議院決算行政監視委員会で木村太郎議員(自民党)がこのことを追及した。

 菅は言を左右にして事実のはぐらかしに懸命であった。菅は陛下の認証を賜る大臣で
ある以前に日本国民として失格である。不遜である。


 『形容詞、装飾語を多用する政治家は信頼ならず』

 六月十一日の菅総理大臣所信表明演説を聞かされた国民はどのように感じたか。

 演説の内容には論理性も具体性も皆無であった。所信に論理性や具体性がないのは政治理念なく国家観なく、政治をしっかり学んだことがない彼の人柄を顕著に表わしている。

 「真の国民主権の実現」「国民の統治による国政を実現する」―意味不明である。

「課題解決型の国家戦略」―彼は果たして国家戦略の意味を理解しているのであろうか。

「グリーン・イノベーション」、「ライフ・イノベーション」っていったい何だ?。日本は高齢化社会であるからお年寄りにも理解が可能な用語を遣うべきである。

「科学・技術立国戦略」を唱えながら事業仕分けではそれらに関連する事業を廃止し、或いは予算を斬り捨てる。まさに支離滅裂である。

「一人ひとりを包摂する社会を実現」うーん、わからんな。

「これまで日本において国家レベルの目標を掲げた改革が進まなかったのは、政治的リーダーシップの欠如に最大の原因がある」―彼はおそらく鳩山前総理のリーダシップの欠如を言っているのだろう。

 菅の所信表明はこのように用語はすべて意味不明で、それを形容詞や修飾語で塗り潰したものであった。

 安倍首相の所信表明演説は簡潔で「美しい国、日本」を政治理念に掲げ、定義を示し、その実現のための政策を一つひとつ丁寧に、かつ具体的に提示していた。

 その昔、大平正芳首相は演説や答弁の冒頭や繋ぎに「あー、うー」が入ることから、「アーウー宰相」と渾名された。しかし話の内容は理が通っていて分かりやすかった。その政策も的確であった。功績も大きい。

 大平氏や安倍氏と菅氏とでは器量も、持てる教養においてもその差は大きい。

 菅の所信表明演説は政治理念なく、国家観なく、政治をしっかり学んだことがないというその特徴を十分すぎるほどに表わしていた。

 このようにまったく中身のない菅総理に支持が集まるのは摩訶不思議な現象である。

(樹)
.15 2010 論客より comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoronhonbu.blog48.fc2.com/tb.php/115-90146bb2

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。