スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

恫喝戦術も認める?Sモーニング

五月二十六日のテレ朝「スーパーモーニング」は、全日本トラック協会に対する事業仕分けをトップで扱った。

 同協会は自民党支持団体であったが、政権交代後に民主党支持を表明、民主党内に議員連盟が発足し、参院選で民主候補を推薦したとのプロセスが紹介された。

 テレ朝・三反園訓氏「協会を仕分け対象にすることによって、『言うことを聞かないとどうなるか』と圧力をかけ、民主党支持に引き込むことができる。実際、仕分けは『見直し』判定だが、具体的には何も指摘されていない」

 鳥越俊太郎氏「昨年以降、あらゆる業界団体が自民党離れを起こし、民主党支持に回っている。政権には旨味がある。そのひとつが、この牽制球だ。『選挙できちんと活動しなければ、仕分け対象にするぞ』と言える。運送業界は零細企業が多く、安全対策や低公害車導入でコストがかかる。補助金が有効だ」

 森永卓郎氏がその戦術に異議を唱えるも、三反園氏に「仕分けも選挙だ。選挙に勝つことだ」と一蹴された。まさに各種業界団体に対する、テレビを通じた民主党支持強要、恫喝である。

(文責・岩間直樹)
.01 2010 マスコミ短信 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoronhonbu.blog48.fc2.com/tb.php/119-8911dd79

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。