スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

11月20日(土)元気の出る歴史人物講座のお知らせ


【11月20日(土)元気の出る歴史人物講座のお知らせ】

(今回の会場は桜木町です) 


木々の葉が色付き、秋の深まりを感ずる頃となりました。

下記のとおり、元気の出る歴史人物講座の御案内を申し上げます。

日時: 平成22年11月20日(土曜日) 午後2時より4時半 

会場:帆船日本丸訓練センター・第三教室 (桜木町「横浜マリタイムミュージアム」横)
 (!!!前回と異なる会場ですのでご注意下さい!!!)

(JR桜木町駅からは、帆船日本丸の方向に歩き、道路を横断し、階段を降りて右側にある
「マリタイムミュージアム」手前の建物です。徒歩約5分。「みなとみらい駅」からも徒歩約5分です。)

テーマ: ~ドイツ人に大きな感動を与えた「武士の情(なさけ)」と仁愛の人~
     「松江 豊寿(まつえとよひさ)」

講師:  岡田 幹彦氏(歴史研究家)  

参加費:1000円、学生500円、中高生無料(要予約 定員50名)


大正六年、第一次大戦で捕虜となったドイツ軍兵士のうち、950余名が、徳島県坂東町(現鳴門市)
に収容されました。大戦終了までの2年9ヶ月をこの「坂東俘虜収容所」で過ごしたドイツ人達が
この収容所を絶賛した背景には、所長、松江豊寿の存在がありました。日本で初のベートーベン
交響曲第九番も演奏されるなど、歓喜に満ちた交流が生まれたその軌跡と、高貴な仁愛に満ちた人、
松江豊寿の生き方に迫ります。

** 

資料準備の都合上、参加の御希望の際は、当メールに御返信ください。御協力よろしくお願いいたします。
(先着50名)

*運営便り:

歴史人物講座を通して、日本の国土や精神文化は、先人が生命をかけて護って来た「尊いものである」
ことを強く感じるようになりました。それと同時に、現代に生きる私達には、日本の国を守り、
次の世代に繋げていく責任があると感じます。

 さて、皆様ご存知の通り、尖閣問題で、現政権の弱腰外交が国際社会に知れ渡り、ロシアがその弱腰に
つけこむかのように、北方領土の実効支配を強める姿勢を見せています。国土と国民を守る気概と外交
戦略がない現民主党政権では、子や孫の世代にも大きな禍根を残すことになりかねません。国民として
このような状況を見過すことなく、声をあげていかねばならないと思います。 


* お知らせ:
  
岡田幹彦先生の御著書、新刊 『維新の先駆者』 ご紹介
 明治維新への道を切り拓いた坂本龍馬、吉田松陰、高杉晋作、中岡慎太郎――。これら四人の先駆者を
突き動かした精神は、尊皇と攘夷にありました。産経新聞で「元気のでる歴史人物講座」を連載中の
岡田先生が、志士の生涯とその精神の真髄を語っています(初公開の講演録3本ほかを収録)。

 (新書判160頁 定価800円+税) 
詳細はこちら→ http://www.seisaku-center.net/modules/shop/index.php?main_page=product_info&products_id=117


日本政策研究センターの今月発売されたブックレット「ますます危ない民主党 」ご紹介
詳細はこちら→ http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=710
「地域主権」「子ども手当」……民主党が掲げる政策の裏側に潜む「国家・社会・家族」解体の論理


月刊「明日への選択」ご紹介
◎対中外交の基本線を確認せよ  平成22年11月号〉
詳細はこちら→ http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=711


*立ち上がれ!日本」ネットワークのお知らせ  

日本再生のための「保守」の草の根ネットワークです。会費等はありません。
メールアドレスを登録いただくとメールマガジンが送られてきます。イベントや保守政策実現への
キャンペーンの情報も提供されます。

ホームページ http://www.tachiagare-nippon.org   電子メール mail@tachiagare-nippon.org
情報満載! 日本政策研究センターオフィシャルWEBサイトの情報 http://www.seisaku-center.net/
 
**ホームページにて、桜ビジョンの会に関する情報を御覧いただけますー> 
http://home.g05.itscom.net/sakuravi/

以上文責   桜ビジョンの会
.06 2010 行事案内 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoronhonbu.blog48.fc2.com/tb.php/156-e498856d

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。