スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「民主党の『できる議員』『できない議員』」



週刊朝日 11/2号「民主党の『できる議員』『できない議員』」は結構面白い記事です。
「朝日」とは思えない書きブリは意外。

分家または疎外されて、せめてもの抵抗?

記事中“できる議員”に仕分けられている鈴木寛氏について気付いたことを記します。

鈴木氏は鳩山内閣に引続き、現内閣でも文部科学副大臣、朝鮮高校無償化の推進者と
見られる(肝腎なことを省令事項に。

役人連中からの評価が高いらしい。記事によれば、“ジョンロールズ”とか
“アルマティア セン”の著書を薦め、若手が競って読んでいるとか。

小生、無学にして初耳の学者名、ネットで下掲のサイトを瞥見しただけで、
論ずる資格ないが、若干のつぶやき;前者は正義を論じて有名らしいが、正は文化、
伝統、信仰に育まれたもの、突然発見するようなものと思わない。画期的理屈で
あろうがその意味で認めない。

後者はインド人とのことだが、らしいところは数学的手法だが、人間活動論なのに
Spiritの側面が欠落。所詮経済学の持つ唯物論的本質の限界?。

この両者に傾倒しているのであれば鈴木氏自身唯物論者ならむ。

労働貴族上がりの2代の文科大臣を意のままに操ってきたのではないか。
「新しい公共」推進メンバーでもあるらしい。

役人に受けが良い点については、文系1級職試験合格者の希望官庁は、従前、大蔵、
通産、自治、警察と聞いたことがある(出世や権限・権益の大きさなどが物差しと思う)。

省庁別に採用するので、その官庁に対する種々のコネなども作用するらしい。
その過程を含め、東大(法)以外は当に2級市民、

このセンスは、政治家に対しても敷衍され、東・法卒議員は同族としてのリスペクトが
得られる。文科省は2流で、左翼浸透も少なくない官庁であることと相俟って、東法卒、
元経産官僚、鈴木氏の評価の高さに寄与しているかもしれない。

余談;検察特捜は東法以外にとって出世街道と聞く、ある意味東法公害の帰結例)。

鈴木氏は民主党大学の学長とかで、新人議員・党員に影響力を持つポストにあるらしい。
斯る人物が表に出ず、責任職を

務めないのは先行き大きな危険を招くのではないかと思う。

朝鮮高校支援金の問題の眞のワルと思う。ご注目を!(了)



Wikipedia 「ジョン ロールズ」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E
3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA

“ロールズ”批評ブログ

http://fullhouse1020.blog115.fc2.com/category1-0.html



マイケル サンデル著書

「これからの正義の話をしよう」に係るブログ

http://blog.goo.ne.jp/konstanze/e/33928ed4717181c6369d3d960e130fb6

Wikipedia「アルマティア セン」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E
3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%B3

“人間の安全保障”―関連ブログ

http://www.kokubou.jp/books-102-3.html



Wikipedia「鈴木 寛」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%AF%9B

寺脇研、鈴木寛共著「コンクリートから子供たちへ」

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%
88%E3%81%8B%E3%82%89%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%B8-%
E5%AF%BA%E8%84%87-%E7%A0%94/dp/4062161699

朝鮮高校無償化ブログ

http://www.nikaidou.com/archives/5825
.14 2010 会員の投稿 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoronhonbu.blog48.fc2.com/tb.php/163-9ac78bff

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。