スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

NHK番組の紹介


H22.12.14 


先の沖縄県知事選立候補者の1人、佐波氏とやらが、ウチナンチューは、     
歴史的、伝統的に、日本より“中国”に親近感を持っていると語ったそう
だが、この考えの浸透を任務として推進しているらしい者が居そうである。
NHKの下記番組の“ゲスト”もそのように思える(国立大学は民営化し、
国家公務員の外に出せ)。
今夜が第2回です。 ご視聴してみて下さい。
なお、カンが普天間問題で沖縄は独立するしかないかと呟いたらしいこと、
政府に“沖縄を環境未来都市に”とか云う構想が出てきたこと(12日、産
経1面)にも通底していると思う(何せ、人権、平和、環境と聞いたら、一
も二もなく平伏するナイーヴ住民の充満する地域だから、軍事力など使わ
ないで支配下に収める作戦が次々と編み出される)。

              記
NHK教育 3CH.「歴史は眠らない」 
 “沖縄・日本 400年”(12/7(火)22:25-22:50から全4回)
              再放送-翌週火曜 5:35- (第1回は14日)

 ゲスト:東大教授 小森陽一氏
明治時代、日本の領土の一部に組み込まれた沖縄。その後、沖縄の人々の
日本に対する意識の隔たりが明確になっていく。隔たりはどのように生み出さ
れていったのかみつめる。

http://www.nhk.or.jp/etv22/tue/index.html           以上   
.14 2010 会員の投稿 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoronhonbu.blog48.fc2.com/tb.php/196-06bd335c

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。