スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「生き方としての“職業”・人権」!?

一昨12日、NHK 教育TV 22:50-23:00

NHK:視点・論点 1/12放送「生き方としての“職業”・人権」が放送されました。

土井香苗なる弁護士が己が来し方と人権を生業とせる人生を自信たっぷり得意気に
語っていました。

語りのうち、“人権”に目覚めた契機として司法試験の勉強で出会った教師―伊藤真氏の
我が憲法は人権の保障を国家に課した世界無比の優れたものとの教えであったとの言に
強い印象を受けた。

人権にとって国家は敵性のものとの感覚を語ったからです。ヒューマンライツ日本代表
とやらで、在日外国人の人権問題で活躍しているとかですが、このように国家を敵と見る
発想の持ち主がかの世界の思想的リーダーの性かと、暗然とせざるを得ない。

これは人権をネタに国家死滅を目指す一派なのか、人間(云うなら己が心奥もその一つ)
を考えたこと無きナイーヴで独善の

魂なのか判らないが、それが素朴な大衆の支持を集める構図に恐ろしさを感じた次第。

ここは一番、人権思想の起源にさかのぼり、世界各地・各文化

・各国の考えを、この列島住人に周知しなければならないと改めて考えさせられた。               
 愚生

も人権なる思想の淵源を知りません。ただ出所と思われる欧州では宗教改革以前からの
ものではなさそうだし、神と云う絶対を肯定する思惟に立っていると思う一方、絶対を
前提としない文化または思惟であるチュンコーには欧州のような人権思想は生まれなかった
と考えます。つまり信仰と無関係の概念ではないと思う。

回教はキリスト教・ユダヤ教の一派と云えなくもないが、宗教改革は起こらず宗派闘争に
向かったためか、人権思想は生まれなかった(神をダシにする人間の害が少なかったのかも。

聖職者は存在せず、在るのは教典の解釈学者)。

人権が宗教や信仰を土壌とする産物と考えれば世界普遍とは思わない。日本には日本の
人権思想があって不思議ではないと思う。人道、人の道、おかげ様、お天道様、ご先祖様、
これらの言葉の意味するところに我が人権思想があり、江戸時代には欧州人も驚く社会を
つくっていたのだと考える。

英語のRightsだって、云うなら“ものの道理”。戦後、特に近年人権を業または看板とする
手合いが権利と云いつつ、実は利権主張と変わらぬことの弊害を今こそ真剣に反芻すべきときを
迎えたように思います(現在我らが普通に、そしてチュンコーでさえ使っている漢字熟語を
沢山創った福沢諭吉は“権理”と和訳している。これは“理の計測”の意)。

人権や権利を考え直さないと信仰を失ってしまった日本は危い。

憲法25条の解釈や家族を原点とする共同体を否定・破壊せむとする思想も人権理解の歪曲に
あると考えますが如何でしょうか。

教科で云えば歴史では間に合わない、公民や国語で人間・人生を考えさせなければ吾等は
蘇生しないと考える所以でもあります。

なお演者土井氏と伊藤真氏に係るネットサイトを下掲します(伊藤氏は九条の会事務局長とか。
今後これらの名前を記憶する意味がありそう)。               (了) 

<ご参考>

Wikipedia:土井香苗(弁護士)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E4%BA%95%E9%A6%99%E8%8B%97

ヒューマンライツウォッチ日本代表 土井香苗 ブログ

http://hrw.asablo.jp/blog/

土井香苗 トゥィッタ―

http://twitter.com/kanaedoi




憲法と社会問題を考えるオピニオンウエブマガジン「マガジン9」

インタビュー“土井香苗さんに聞いた その1”

http://www.magazine9.jp/interv/doi/index1.php



Wikipedia:伊藤真(まこと)伊藤塾(司法試験受験指導、塾長)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E7%9C%9F#.E8.AD.B7.E6.86.B2.
E6.B4.BE.E3.81.AE.E8.AB.96.E5.AE.A2

“護憲”

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5118564

http://kscykscy.exblog.jp/12482389/

http://www.geocities.co.jp/wallstreet/7009/mg0105-1.htm



別サイトに拠ると、己が主張は「時論・公論」で、「視点・論点」

は己が主張ではないとNHKは称しているそう。つまり意図的選択

的情報送出の隠れ蓑(朝日得意技)。        以上
.15 2011 会員の投稿 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoronhonbu.blog48.fc2.com/tb.php/213-fe0cb154

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。