スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

憲法論議に 戦争体験者の 国想う声を

今年の五月十八日には憲法改正国民投票法が施行される。憲法改正の手続きがようやく現実のものとなった。

 しかし、国会に設置された憲法論議を行う場である「憲法審査会」は与党により機能停止されたままである。

 かつて憲法議論の際に「憲法の見直しを行うのならば戦争を経験した世代が生きているうちにその意見を聞いてから行うべき」という主張がされ、護憲・改憲の両陣営から支持された。

 しかし、時間がたつにつれ、当然戦争経験者はどんどん減っていく。

 一部メディアの報道のような偏ったものでない戦争経験者の本当の声を聞く場として一番ふさわしいのはこの「憲法審査会」の場だ。

 ぜひ憲法審査会を始動させ、従軍した日本将兵がいかなる思いで祖国のために戦ったのかという真の声を国会議員は聞くべきである。



埼玉県 MS生
.19 2010 会員の投稿 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoronhonbu.blog48.fc2.com/tb.php/23-3c624327

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。