スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

マトモだったTVタックル

三月一日のテレ朝「たけしのTVタックル」では、外国人参政権の特集を組んだ。

 長嶋昭久・防衛政務官「党内での議論がまとまらず、衆院選マニフェストへの記載を見送った経緯がある」

 高市早苗・自民党衆院議員「中韓は憲法に国防の義務が書かれている。国籍は重要だ」

 三宅久之氏「韓国は竹島に軍隊を置いている。恐ろしい国家だ」

 山際澄夫氏「日本国への忠誠心を帰化の条件にすべき」

 金慶珠・東海大准教授「韓国人が対馬などに一斉に移ることはあり得ない」

 小川敏夫・民主党参院議員「平成七年の最高裁判決の傍論は、外国人参政権も認められると解釈すべき」

 穀田恵二・共産党衆院議員「世界中に散らばっている中国人は、決して悪いことをしない。反対論は外国人敵視そのものだ」

 張景子氏「中国人に選挙権を与えれば国際貢献になる。中国も民主化が進む」

 大竹まこと氏「かつて賛成していた議員が態度を翻している。彼らに信念はあるのか」

 番組は双方の発言を公平に流しながらも、与那国島乗っ取りの脅威や、長野聖火リレーでの中国人暴徒化を解説、「民主党の反対派は造反できるのか?」とのナレーションを入れるなど、マトモなスタンスであった。
.24 2010 マスコミ短信 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoronhonbu.blog48.fc2.com/tb.php/60-47204268

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。