スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

自民党議員よ!保守を語るのならテレビ出演を拒否する勇気を持て!

「TVタックル」で外国人参政権について、かってないほど公平な番組作りがされていましたが、今までどれだけ説明しても理解してもらえなかった、うちの年寄りや従業員の皆さんが「やはり外国人参政権はいかん。」と言い出しました。残念ですが改めてテレビの影響力を思い知らされたわけです。

 ただ自民党、保守良識派も、もっとテレビ、マスコミを利用するべきだ、という意見もネット上などで散見されますが、それにはいささか異論があります。

 テレビ、マスコミは保守派に近づいてきて取材をしても、中立を装う目的で利用するだけです。テレビ、新聞は競争のない利権構造を守るために長年にわたって反政府の立ち位置、国家権力の監視を演じてきたわけです。我々は国家権力を監視、批判する使命があるから言論、報道機関は何の制約も受けるべきでない、と信じ込ませてきたわけです。

 テレビ局員などは公務員や議員さんなんかより、はるかに高給、特権階級なわけでして、全てがそれを死守したいがための行動論理で動いてきたわけです。そこにつけこまれて外国勢力、反社会勢力に言論を支配されてしまったわけです。

 自民党はむしろ政権政党としては、テレビ、マスコミと癒着し、媚びすぎてきたのです。あまりにも自由にやりたい放題にさせすぎてきたのです。ある程度インターネットの力でメディア産業の偽善が暴かれてきた今、保守政党には、偏向報道するのなら、国家解体法案をテーマにしないのなら討論番組に出演しない、という姿勢こそ求められるのです。

 その姿勢を貫けば、放送法上、番組が成り立たなくなるのですからNHKも民放も困るでしょう。確かに保守良識派の政治家もテレビに出演しない限り、存在さえ認知されないという時代が長く続きましたが、今は保守系議員でもバラエティなんかに出てくる輩はまったく信用できない、と考える意見も増えてきました。一般の良識派の皆様もテレビの寡占構造を改めるためにどう動けばよいか、をもっと真剣に議論してもらいたいですね。

 テレビと新聞が密すぎる資本関係でお互いの犯罪をも批判しない、というクロスオーナーシップは日本特有のものです。ただ自民党だって今までも本気で考えたのならば、なぜ出演拒否してこなかったのでしょうか。少し考えれば誰でもわかることなのに、そうできなかった事情をむしろ白日にさらしてもらいたいものです。核密約のことよりもずっと、そちらのほうが知りたいですね。

 結局従来の政治討論は保革対立とあおっても、テレビマスコミを頂点としたわが国の既得権構造を守るためのお花畑政治ごっこを、まじめに働く国民の犠牲のうえに行ってきただけなのです。

 もちろんその既得権構造には宗教団体や在日系企業(芸能プロダクションやサラ金、パチンコなど)も含まれます。鳩山政権になっての唯一の功績はそういうからくりがかなり多くの人に知られてきたということだけでしょうか。

 (テレビ局にも独占禁止法を適用して委員会)
.26 2010 論客より comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoronhonbu.blog48.fc2.com/tb.php/61-523bdb92

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。