スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

どこまでも民主党について行くSモーニングの人達

三月十日のテレ朝「スーパーモーニング」は、ようやく三十%台に突入した鳩山内閣の支持率上昇策を考えた。

 鳥越俊太郎氏「『コンクリートから人へ』が掛け声倒れになっている。いまからでも遅くないので『日本はこう変える』とのビジョンを示せ」

 所太郎レポーター「過去には外交で支持率を回復させた内閣もある。民主党の若さや可能性に期待して一票を投じた人も多い。鳩山政権は原点に立ち返って『民主党らしさ』を出して欲しい」

 テレ朝・三反園訓氏「『民主党らしさ』と言われても、国民にはピンと来ない。首相はいまだパフォーマンスに躍起になり、政治の危機を招いている。普天間の県外移設を公約した以上、これが実現できるか否かにかかっている」

 森永卓郎氏「普天間をグアムに全面移転すれば、支持率は急回復する」

 落合恵子氏「『常駐無き日米同盟』は首相の持論だったはずだ。年度末で金策に走っている経営者も多い。理念ではなく、実行が大事だ」

 番組はいつまで、このダメ内閣を応援するのだろうか。
.29 2010 マスコミ短信 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoronhonbu.blog48.fc2.com/tb.php/64-3066d8ad

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。