スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

LOOPY

 鳩山首相は、オバマ大統領とのお情けの「会話」で「責任を取れるんだろうね」と釘を刺され、ワシントン・ポスト紙に「LOOPY」(気が変な、いかれた、頭がおかしい)「最大の敗者」と酷評された。それについて一部既存メディアは、海外から高い評価を得た麻生前首相を、政策と全く関係のない漢字の間違いなどで叩きまくり、その決断が「人類史上最大」と最大級の賛辞で絶賛された故・中川元財務相を、「酩酊会見」ではめた時とは打って変わって、通り一遍の報道で済ませている。

 そしてこれは、何も一人WP紙のみの見解ではないことを、首相自ら証明してしまった。 十六日、先日亡くなったポーランドのカチンスキ大統領の国葬に、首相経験のない江田五月参院議長を派遣するというニュースが飛び込んできたのだ。元首級の葬儀には、最低でも首相経験者が、普通は首相自ら参列するのが国際儀礼であるというのにである。

 しかも首相経験者を派遣できないのは、自民党には頼めないという下らぬ面子が理由であり、自分が出られないのは、小沢幹事長の両親の法事に出席するためだという。これほど非礼な話はない。米国はオバマ大統領自ら参列を表明しているというのに。

 それだけではない。つい先日も鳩山首相は、カチンスキ大統領の墜落死に対し、ツイッターで、

(前略)「カチンの森事件」の追悼式典への大統領の強い思いが、この悲劇につながったのでしょうか。(以下略)

  と、国際的な謀略を匂わせたかったらしいが、取りようによっては「自業自得だ」と言っているようにも聞こえるつぶやきをしたばかりなのだ。

 この鳩山首相がやらかした史上最悪の国辱的行為に対し、朝野を挙げての大バッシングを繰り広げないようでは、日本はもうおしまいである。

 そうこうするうちに、アイスランドの火山の噴火の影響で現地の空港が閉鎖され、参列自体が見送られることになったが、だからと言って、鳩山首相の国辱的行為が帳消しにされるわけではないことは言うまでもない。(海底人)
.05 2010 論客より comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoronhonbu.blog48.fc2.com/tb.php/74-ec39231d

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。