スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

無償化にダマされるな

高校の授業料無料化が始まった。

 多くのメディアでは、これを「好感」を持って伝えていた。

 ただそこには多く「誤解」を国民に与える表現が、「解説」でも、また読者からの「投
書欄」でも多々あった。とくに多いのが、経済的理由で高校を断念した人々が救済されるかのような書き方だ。

 そもそも公立高校では、経済的困難を抱える生徒には授業料減免の制度があり、その恩恵を受けている生徒は多数いる。

 そもそも経済的困難な家庭の生徒は減免をすでに受けているので、この制度によって「得をする」ことは、「なにもない」。

 すなわち得をするのは、経済的にある程度充実している人々だ。これは「貧者救済のふりをした金持ち優遇政策」という面もある、もちろん、救済される、これまで減免には至らなかった生徒もいるであろう。

 しかし、高校は教科書代・修学旅行積立金など授業料以外にも多々費用がかかる。

 今回の無償化は、授業料減免の制度がありながらも、高校進学を経済的理由で断念しているような若者には全く無意味な政策だ。
.10 2010 論客より comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoronhonbu.blog48.fc2.com/tb.php/78-e9f38fee

プロフィール

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。