スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

共演者からも失笑された鳥越クン

五月三日のテレ朝「スーパーモーニング」は「筑紫哲也氏なら、どう伝えた?」と題し、今は亡き偏向キャスターの沖縄報道をヨイショした。

 鳥越俊太郎氏「沖縄は、単に沖縄県だけではなく国民全体の問題である。同時にアメリカの問題でもあることを、筑紫氏は強調したと思う。オバマ政権が進むと期待されたが、進んでいないのは残念だ」

 吉永みち子氏「沖縄県民は幸せか。基地集中を差別ととらえ始めている。オバマ政権誕生の好機を日本政府は生かせなかった。筑紫氏はさぞ残念がっているであろう」

 弁護士・田中喜代重氏「基地問題はアメリカの国防も絡むので、オバマ大統領で急に進展するとも思わない。アメリカの戦略を調べなかった鳩山首相は軽率で、結果として沖縄県民を二度裏切った」

 最後に鳥越氏が「鳩山さんが最終案を出すまではわからない。今出ているのは、おそらくセレモニーだ」と発言、他の出演者の失笑を買った。首相ではなく、まさに鳥越氏こそ「ルーピー」である。

(文責・岩間直樹)
.09 2010 マスコミ短信 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoronhonbu.blog48.fc2.com/tb.php/97-f2a32e71

プロフィール

日本世論の会本部

Author:日本世論の会本部
日本世論の会について



三輪和雄

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。